グラブ編 その1
子供たちにキャッチボールを教えていると、座布団みたいにペチャンコなグラブが 目立ちます。捕球面がつぶれ、ボールを捕るポイント(ポケット)がありません。 これでは、絶対に上達しません。まずは、自分のグラブに関心を持って下さい。

野球道具に関して、分かりやすいホームページがあります。
野球魂さんのWeb 左メニューの「道具」の項目に色々あります。

一言でグラブと言っても、奥が深い事を分かってもらえたでしょうか?  まずは、自分の分身とも言えるグラブを、心を込めて手入れする必要があります。 新庄選手は、テレビの上に試合用のグラブを飾り、いつも見つめていたようです。 ちなみに、私も自宅の玄関に、オブジェのようにグラブを飾っています。

グラブの手入れについて
福井市にある足羽ドリームスさんのWeb。素晴らしい指導法です。

グラブを見ると、その選手のレベルが分かると言われています。大切に手入れされて いるグラブは、先回紹介した私のコレクションのように、独特の雰囲気があります。 今回のグラブ1/3編では、まずは自分のグラブに関心を持つこと、手入れの方法を知ることを覚え ておいて下さい。次回、2/3編では、グラブの選び方について書きたいと思います。

画像:内野手用と外野手用。
これだけ大きさや形が違います。

画像:いわゆる「ポケット」の部分。

画像:中村紀選手(楽天)のグラブ。
硬式用ですが、軟式用より柔らかいそうです。

次回、グラブ編 その2につづく。